下町のエンジニア


昭和23年。英電社はいわゆる「町の電気屋さん」として、その歩みをスタートさせました。その後、電気設備工事や計装工事の設計施工を担うようになり、これまで携わってきた工事は数知れません。

戦後の復興、高度経済成長を陰ながら支え続け、近年では石巻の震災復旧工事にも参画。電気工事の専門家として、日本の発展・再興と歩みをともにしてきました。

少数精鋭ながら名だたる大手企業様からご依頼をいただけるのは、培った技術力と、協力業者の方々との連携あってこそだと思っております。

今ではプラント電気計装工事が中心ですが、住宅、マンション、ビル、高圧・特高受変電設備など、やれることは何でも挑戦するという姿勢は、創業当時から受け継がれている当社のポリシー。

英電社は、これからも“下町のエンジニア”として、全国を駆け回ります。

営業品目

新たな仲間を募集します

大手設備会社やエンジニアリング会社など、各方面のお客様から多様なご依頼をいただいている当社ですが、今回、新たな仲間を募集するここといたしました。

その理由は、大きく二つ。私たちの持つ技術やノウハウを受け継ぎ、将来的に当社を担ってくれる人材を育成することが一つ。もう一つは、人数を増やすことで効率的に業務を回し、既存社員一人ひとりの負荷を減らすと同時に、ご家族など大切な方との時間をより多く過ごしてもらいたいという想いからです。

初めはわからないことばかりだと思いますが、仕事は一つひとつ丁寧に教えますので、慌てずじっくり技術を磨いてください。真摯に経験を積めば、必ず将来誰もが認めるエンジニアになれます。資格取得も全面的にバックアップ。

いつか一人前の技術者として、あなたが当社を背負って立つ日を、私たちはいまから楽しみにしています。

代表取締役 吉本雅一

トピックス
■2017年7月24日
英電社夏季恒例暑気払い
英電社のなりたち

戦後間もない、昭和23年。岡山から上京した創業者の吉本頼一は、第二次世界大戦中に通信兵として活躍した経験と知識を活かし、アメリカからパーツを輸入しテレビを組み上げ販売を開始したところ、これが大当たりし一時は従業員30人ほどの事業規模になりました。

その後、家電製品の普及に伴い売上は減少、すぐさま近隣の町工場を中心とした電気設備工事や計装工事に主業務をシフトさせました。更に、都内で培った技術を地方に展開し、電気制御による工場のオートメーション化を請け負うようになり、自社でプログラムを組むことができる希少な存在となりましたが、コンピュータソフトの発達によりプログラミング技術も価値がなくなってきます。

しかし、戦後の復興、高度経済成長、コンピュータの発達と大きな時代の変化に順応しながら培った技術力は、大手企業に引けを取りません。

大手企業では会社規模が大きいため莫大な経費が掛かりますが、我々のような下町の小規模企業であれば、それなりの経費で済んでしまいますから大幅なコストダウンが可能。

大手企業でないと対応できない高い技術力を要する工事が、比べ物にならない低価格で対応可能ということが、英電社最大の強みになっています。

会社概要
名称 株式会社 英電社
所在地 〒140-0011
東京都品川区東大井1-17-18
TEL:03-3474-7206(代)
E-mail:officeeidensya.co.jp
資本金 12,000,000円
役員 代表取締役 吉本雅一
取締役   吉本哲朗
建設業登録 東京都知事許可 18-1416号
電気工事業者届出 東京都知事 第46866号c
主任電気工事士 吉本哲朗
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 大井町支店
みずほ銀行 品川支店
みずほ銀行 大井町支店
りそな銀行 品川支店
さわやか信用金庫 立会川支店
アクセス 京浜急行線 鮫洲駅より徒歩3分
京浜東北線 大井町駅より徒歩10分
名称 工事部
所在地 〒140-0011
東京都品川区東大井2-6-10
TEL:03-3474-8208
お気軽にお問い合わせ下さい
トップへ戻るボタン